anatsuk1のウェブログ

ブログを書いてみたい!

Raspberry PiでホストPCとファイルを共有する

Sambaの設定

ホストPCとラズパイでファイル移動を頻繁にするので、"pi"ユーザーのHomeディレクトリへホストPCのFinderからアクセスする。

  • ログインしたユーザーのHomeディレクトリを共有
  • Guestユーザーのログインを禁止
  • Sambaに"pi"ユーザーを追加
  • Sambaサービスを再起動

Sambaインストール

aptコマンドでsambaをインストールするね

sudo apt install samba

設定を変更する

Sambaの次の設定ファイルを書き換える。

/etc/samba/smb.conf

設定ファイルは、セクション、属性値と設定値、を記述する。

フォーマットは次のとおり。

[セクション] ←  セクションの開始。
    属性値 =  設定値

設定ファイルには、ファイルサーバーへログイン時に使用するユーザー、公開ディレクトリのパス、ファイル書き換え可能、などをカスタマイズできる。俺はいつも、nanoコマンドで設定ファイルを開いている。

コマンド例

sudo nano /etc/samba/smb.conf

書き換え場所

[global]セクション

bad userをNeverへ変更。Sambaに登録されていないユーザーでのログイン試行を失敗させる。デフォルトの記述ではGuestユーザーでのログインに置き換えていた。

map to guest = bad user
↓
map to guest = Never

guest ok = 0を追加 ゲストログインを禁止する。記述がないデフォルトでは許可されていた。

guest ok = no
[homes]セクション

yesをnoへ変更。書き換えを許可する。デフォルトでは読み出しのみ許可されていた。

read only = yes
↓
read only = no

Sambaユーザー追加で再起動

SambaのユーザーDBへ"pi"ユーザーを追加

ラズパイのデフォルトユーザーアカウント"pi"をSambaに加える。

コマンド実行

pdbedit -a pi

Sambaが、新しいパスワードを問い合わせるので、ラズパイのLoginパスワードをタイプです。

Sambaサービスを再起動

コマンドを実行!

sudo systemctl restart smbd.service
ご参考に

SambaをUbuntu 12.04で構築した手順を丁寧に説明してる。 ただし、内容は古い。

sambaサーバによるファイル共有環境の構築手順メモ