anatsuk1のウェブログ

ブログを書いてみたい!

ハッカーと画家を読んで


第2章 ハッカーと画家

ハッキングと絵を書くことにはたくさんの共通点がある。

プログラミングでは、紙の上ですべてを設計するのではなく、
画家のスケッチのように、めちゃくちゃなコードをおっぴろげて、
それを形にしていくことだ。

絵を描くことは、絵をかきながら学ぶ、ハッキングも同様に
ハッキングしながら学ぶ。大学のプログラミングコースを
履修してハッキングを学ぶのではない。自分でプログラミングを
して学ぶのだ。

絵画から学べることの例は、次第に詳細化しながら創っていく方法だ。
絵画はたいていスケッチから始まる。そして次第に細かい部分が
埋められていく。ハッキングはそうあるべきだと思う。


第12章 普通のやつの上を行け

ここでは、俺の好きなjoelが書いていた話の元ネタがある。
平均的な大企業は年10%成長する。だから、あなたが
大企業を経営していて、ほかの大企業がやっているのと
まったく同じようにやっていればやはり、年10%成長する。
同じ論理はベンチャー企業にも成り立つ。
もし、あなたが平均的なベンチャー企業と同じことを
やっていれば、平均的な成長率を期待できる。
問題は、だ。ベンチャー企業の平均的な成長とは、すなわち、
つぶれてしまうことだ。